色彩の知識を活かせる仕事

色彩の知識を活かせる職場は無数にあります!

カラーコーディネートの知識を活かせる仕事はたくさんあります。私たちが購入する商品で、色彩の施されていないグッズなど一つもないからです。婦人服や靴などのファッションアイテムはもちろん、自動車にも携帯電話にも、スナック菓子のパッケージにも、色彩はコンセプチャルに鮮やかに使われています。またホテルやレストランのインテリアやデパートのディスプレイなどさまざまな空間も、色彩効果を駆使してお客様の気持ちを和らげたり、購買意欲を高める工夫をしています。

そして色彩の専門的な知識を持つ人を必要としている企業もたくさんあります。そのため就職対策としては、カラーコーディネーターとして単独で仕事をする以外にも、ファッション関連やブライダル、メーカー、住宅関連、広告関連企業、またインテリアショップやフラワーショップの店舗ではたらくなど、多様な職場で色彩の知識を活かせるのがカラーコーディネーター資格の特長のひとつです。

それではカラーの知識が求められている職業を整理して見ましょう
●ファッション関係
テキスタイルデザイン、プリントデザイン、ファッションアドバイザー
●美容関係
スタイリスト、メイクアップアーティスト、ヘアメイク、ネールアーティスト
●ブライダル関連
ブライダルファッションアーティスト
●インテリア関係
インテリアコーディネーター、家具デザイン
●その他
フラワーコーディネーター、パーソナルカラーアドバイザー、専門学校講師 、WEBデザイナー、カラリスト、カラーセラピスト

など、管理人が思いつくだけでもこれだけあります。色彩の専門知識を持っている人は、就職・転職でも多様な世界・可能性が広がるといえます。
ただこれの仕事の現場で求められているのは、カラーコーディネーターの資格者であるということよりもむしろ、色彩について実践的な能力を持っているということです。

カラーコーディネーター資格は、普通自動車免許のように資格がないと車両の運転ができない、といった性質の資格ではありません。しかしまた、カラーコーディネーターの勉強をして色彩理論を身につけることで、いろんな職場で有能に仕事のできる人になれることはまちがいありません。
いずれにしても色彩やカラーを扱う仕事に関心のある方なら、取得しておきたい資格ということだと思います。

*迫力ある講義DVDで、色彩検定・カラーコーディネーター検定を学習したい方はコチラ→

次のページ >>

>>何から勉強したら良いのかわからない…
>>そんな私でも3ヶ月で合格できた通信講座がコチラ!