色彩検定とカラーコーディネーター検定、どの級まで受けると正解か

色彩検定とカラーコーディネーター検定、どの級まで受けると正解か

色彩検定とカラーコーディネーター検定の資格、どちらを受けたらいいのか迷うという人がいるという話はよく聞きます。それは、受験志望者ひとりひとりが自身の学びたい分野や活躍したい職域と相談して決めることでしょう。


ところで、その疑問と同様によくおおぜいの受験志望者が迷ってしまうポイントがあります。特に、色彩検定・カラーコーディネーター検定のことを知ったばかりの人に多いのですが、それは「どの級を受けたらいいのか」「どの級まで受けたらいいのか」というポイントです。


この質問も、実は簡単には答えられないのです。受験者ひとりひとりの目的や希望によって変わりますから。とはいえ、過半数の受験志望者は、「色彩検定(または、カラーコーディネーター検定)に受かることで、キャリアや職歴を豊かに変えていきたい」、そう願っているのではないでしょうか。


その共通点にしたがって考えるなら、色彩検定・カラーコーディネーター検定両方の各級の必要性は次のように考えられます。


・3級


難易度が低いため、3級に受かるだけでは物足りないでしょう。


・2級


まずまずの難易度。取得までにかかる時間や労力等を踏まえても、2級くらいは受かっておきたいものです(2級に受かったら、就職がしやすくなるという意味ではありませんが)。


・1級


言うまでもなく最高の難易度です。ただし時間はどうしてもかかります。それにその難易度と釣り合った成果を、就職活動等のときに期待できるとはいえません。


以上の理由から、色彩検定またはカラーコーディネーター検定を受けるなら2級までの合格が、いちばんおすすめできそうです。


*迫力ある講義DVDで、色彩検定・カラーコーディネーター検定を学習したい方はコチラ→

次のページ >>

>>何から勉強したら良いのかわからない…
>>そんな私でも3ヶ月で合格できた通信講座がコチラ!