カラーコーディネーターってなに?

カラーコーディネーターってなに?

私たちはいつも色に囲まれて生活しています。
朝、スーツに合わせるブラウスの色、その日の気分で履き替えるスニーカーの色、コンビに等で思わず取り上げてみたくなるパッケージの色…。みなさんは無意識に選んでいるつもりでも、色が人を惹きつける効果には、思っている以上に大きな力があります。

そのため、人を魅力的に見せる色遣いや空間をより快適に演出するカラーリングなど、色の効果的な使い方をマスターすることで、日常生活に潤いや変化を醸し出すことが出来ます。カラーコーディネーター、そんな色の世界を理論的に理解し、色の配色や明るさをコントロールし最も効果的な色の組み合わせやデザインを提案するスペシャリストのことです。

カラーコーディネートという発想がされるようになった歴史は、比較的新しいものです。色彩学や色彩心理学などの学問から派生し、アメリカで1970年代ごろから、ビジネス社会で活躍する女性達が自分をアピールするための演出の1つとして、色彩理論を個人のファッションやメイク取り入れたのが始まりだといわれています。
やがて日本にも上陸したカラーコーディネート技術は、みなさんもご存知のように、ファッションやメイクのみならず、商業デザインや建築、また趣味的なフラワーアレンジまで、産業社会や生活空間の隅々まで、広くゆき渡るようになりました。

街のウインドウや、ネット上すべての場所に色彩があふれ、私たちは色がもつ効果に影響を受けています。色はどこにでも存在するものだから、その色を活かす仕事にも無限大の広がりがます。色彩の知識を身につけ、色の持つ効果をビジネスシーンで活かすことができたら素敵だと思いませんか。

カラーコーディネーターの資格者には、アイデアを活かしてオリジナルの世界で活躍している方もたくさんいます色彩を学問的にとらえ、管理し、人の心をつかむ手法、そんな色の勉強を、あなたもいまから始めてみませんか。

次のページ >>

>>何から勉強したら良いのかわからない…
>>そんな私でも3ヶ月で合格できた通信講座がコチラ!